試聴する

希望丸より愛をこめて

この曲の表示回数 228
歌手:

怒髪天


作詞:

増子直純


作曲:

上原子友康


まるで 勝ち目のない こんな 負け戦に
懲りず 挑むなんて アンタ 馬鹿だよ
一人 また一人と 船を 降りる奴ら
笑顔 で見送るぜ いつか また会おう

明日を信じるとか
馬鹿の一つ覚えかよ
いつまでやる気だよ?
俺に だって 分かるかよ

沈む 夕陽を 受けて 泥舟はゆく
船の 舳先にて 風を 感じながら
指で 示した 先に 何が待つやら
荒れた海の その向こうに
明日の有りや無しや

晴れて 波もなけりゃ 気持ち安らぐけど
風を 受けなければ 前に進まぬ
いずれ 沈んでゆく それが運命なら
逃げも 隠れもせず 受けてやるまで

乗りかかった舟に 想い出刻み込まれて
此処には大切なモノが一杯詰まってる

沈む 夕陽を 受けて 泥舟はゆく
船の 舳先にて 風を 感じながら
指で 示した 先に 何が待つやら
荒れた海の その向こうに
明日の有りや無しや
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:希望丸より愛をこめて 歌手:怒髪天

怒髪天の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-11
商品番号:TECI-1590
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP