試聴する

彗星

この曲の表示回数 317
歌手:

関取花


作詞:

関取花


作曲:

関取花


改札を抜ける君の うしろ姿を思い出しては
白いブラウスに透けた地平線 指でなぞった

君の手が触れた僕の 右手に神様を宿して
祈りを毎晩捧げてたんだ 眠るのも惜しんで

流れるどんな星より はやくその先へ行きたい

真っ赤に燃えて 宇宙までひとっ飛び
息を止めて 目を閉じて 彗星になって 夜に溶けるよ

からまる髪をほどく時 香ったシャボン玉の香り
思わせぶりな午後のため息 レモンのキャンディ

大きく息を吸い込み 布団の中へと潜り込み
真っ暗闇で探してたんだ 眠るのも惜しんで

賢いどんな学者より 深く君のこと知りたい

真っ赤に燃えて 宇宙までひとっ飛び
息を止めて 目を閉じて 彗星になって 夜に溶けるよ

真っ赤に燃えて 宇宙までひとっ飛び
時を止めてしまえたらいいのに 待ちきれずにはじけてしまったよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:彗星 歌手:関取花

関取花の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-13
商品番号:DSKI-1003
dosukoi records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP