大原の里

この曲の表示回数 5,150
歌手:

うめまつり


作詞:

タケ司馬緒


作曲:

山本勝


恋をなくした 娘は誰も
必ず一度たずねるという
深い緑の木立の奥に
ひそかに抱かれた 大原の里
臆病すぎた自分を責めて
あなたのいない暮らしに耐える
そんな季節の流れるままに
あれから一年経ちました

魚山の空を 夕陽が染めて
長い影引く 呂川のほとり
心にしみる せせらぎの中
静かに暮れゆく 大原の里
臆病すぎた自分を責めて
あなたのいない暮らしに耐える
そんな季節の流れるままに
あれから一年経ちました

寂光へつづく 小さな路を
今はひとりで歩いています
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:大原の里 歌手:うめまつり

うめまつりの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-04-17
商品番号:VICL-63218
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP