試聴する

ふるさとの朝

この曲の表示回数 102
歌手:

アンサンブル・コノハ


作詞:

松井五郎


作曲:

馬飼野康二


いつもよりも青い
窓辺の空
いまでも子供のように
母が呼んでいる

朝日が射し込んだ
テーブルには
静かに新聞を読む
なつかしい背中

あゝいつまでも
あたたかい場所がある
時は速足で
流れるけれど

どんな時も心のそばに
いてくれて ありがとう

仕事へ向かう父を
見送る母
帰ってくるたびわかる
大切なことが

そうなにげない
一日を積み重ね
時は幸せを
明日へつなぐ

どんな時も心に誓う
かわらない 優しさを

あゝ話したい
ことがまだあることを
母の横顔は
もう気づいてる

次の春に 大事な人を
連れてきていいですか

どんな時も心のそばに
いてくれて ありがとう
……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふるさとの朝 歌手:アンサンブル・コノハ

アンサンブル・コノハの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-05-16
商品番号:FRCA-1288
ユーキャン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP