ドラマ

この曲の表示回数 2,623
歌手:

丸山純奈


作詞:

杉山勝彦


作曲:

杉山勝彦


もしも わたしが ドラマ 撮れるのなら
送り迎え ハンドルを握る
お母さんを 主役にしたい

夕焼けが 縁取った笑顔
“頑張っておいで” の
声が 今 胸に すっと染み込む

いつか大人になって 自分で
どこへだって ゆけるようになっても
背中を 押してくれた 優しさ 消えないよ
“ありがとう 行ってきます”

他人(ヒト)の言葉で 不安になった夜
夕ご飯を作る まな板から
トントン 響く 音に ほっとした

心配を かけたくはなくて
でも 気にしていて欲しい気持ち
そっと 分かってくれたね

返せるものはとても 少ないのに
いつだって 味方でいてくれる
強くて優しい人 わたしの理想だよ
伝えたら 照れるかな?

“あと何年かしたら 離れて暮らす日が来るね”
寂しそうに言ってた時
私 決めたよ そばにいられない時は
この声で 抱きしめるって
空が滲んでゆく

いつか大人になって 自分で
どこへだって ゆけるようになったら
遠い素敵な場所へ わたしが
お母さんを連れていってあげるから
ほら ドラマの家族みたい
笑顔のわたしがいて
笑顔のあなたがいる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドラマ 歌手:丸山純奈

丸山純奈の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-03-04

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP