試聴する

ライブハウス

この曲の表示回数 116
歌手:

the Howl


作詞:

小倉海


作曲:

小倉海


さよなら 響くグラウンドを背に
一目散に自転車に乗って
駅まで向かうは25分
エナメルバックにギターを背負って
港街まで電車に揺られ 一番星が光ってる頃
おはようございますと同時に
僕は重たい扉を開いた

あんまり好きじゃないお酒だって
なんだかここでは少しおいしいんだ
嫌いだったタバコの匂いも
なんだか少しは慣れてきたかな
前より上手になったかな
「満天の空に君の声が~」って
歌っていたあの頃の僕が 今では自分の歌を歌ってる

1106でギター持って ライトを浴びたイメージを
僕だけが主役じゃなくてさ あなたと創る今日を

鳴らそうぜ 音楽を 素晴らしい 音楽を
いつまでも ここで会おうな 夢のつづきを共に

たくさんの声が生まれて消えて
いつの間にか戻れなくなって
咲いては散りゆく花を見て
「儚さ」を知った
いつかは消えゆくこの命で
いつかは消えゆく音を鳴らすから
いつまでも消えない言葉が届くのさ

鳴らそうぜ 音楽を 素晴らしい 音楽を
いつまでも消えないように
忘れられない今日にしような

夢見ようぜ いつまでも 語ろうぜ いつまでも
叶うかどうかなんて わかんないけど
夢見ることはやめないから

また会おうな ライブハウスで
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ライブハウス 歌手:the Howl

the Howlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-01-10
商品番号:DLCR-18012
BUDDY RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP