試聴する

モノクロ

この曲の表示回数 1,335
歌手:

遠藤舞


作詞:

ARAKI


作曲:

Mai Endo


小さい粒が肩に落ちる
傘をさすのもためらう雨
あの日もそう
光こぼれる遠い世界を
君の側で見てた

このままその手を掴んでも二人は
友達で居れる?
何かが壊れてしまうようで
本当の事なんて言えなかった

少しかすれた夢はまるで
白黒に変えた写真のよう
そんな日々も思い返せば
明日からはと前を向いてゆける

あれから僕らは何度目の雨上がり
遠い街の中
何かが過ぎ去ってしまうようで
ほんの少し胸が疼いたんだ

あのままその手を掴んでも二人は
傘の真ん中で
何かを叶える言葉なんて
見つけられなかった気がするんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:モノクロ 歌手:遠藤舞

遠藤舞の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:AVCH-78106
binyl records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP