お茶の水グラフィティ

この曲の表示回数 2,396
歌手:

SILENT SIREN


作詞:

阿久悠


作曲:

前山田健一


シャンソンが聞こえる喫茶店
文庫本 膝にのせ 読んでいる
ほの白いあのひとの横顔は
大人びて このぼくを遠ざける

珈琲をだんまりで飲んだあと
想い出が少しある 聖(ひじり)橋
たそがれの風景に行き過ぎる
オレンジの電車だけ 見つめてる

きみとぼくの青春のお茶の水
惑い 悩み 愛をたずねた日々も
いたずら描きに似た儚さで
やがて記憶の中で薄れる

貧しげなアパートの一部屋が
まぎれなく愛の巣であったけど
窓からの東京の大きさに
時々はためいきもついていた

坂道を肩並べ歩きつつ
才能で生きてねと囁いた
あのひとの風邪ぎみの声を聞き
また胸が後悔で 疼(うず)き出す

きみとぼくの青春のお茶の水
夢のように 笑い転げた日々も
時代の風に もてあそばれる
古い写真のように 飛び去る
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お茶の水グラフィティ 歌手:SILENT SIREN

SILENT SIRENの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:UPCY-7439
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP