試聴する

都会の雨

この曲の表示回数 1,393
歌手:

鳴ル銅鑼


作詞:

三輪和也


作曲:

三輪和也


酷い雨 傘も無いまま
私は 空を見上げた

都会では 雨の匂いも
忙しく 忘れてしまう

貴方を 思い出すには
お似合いの 黒い空です

この身体も この気持ちも
もう 要らないよ

9月の雨には
まだ少し夏が残っていて
私の心に
よく似た無様な泣きっ面だ
…苦しいよ

例えば
洗えば また汚れるし
渇けば また潤うよ

気付けば 時間は過ぎて
思い出す 日々はモノクロ

痛み止めも 苦い粉も
もう 効かないよ

嬉しい事なら
直ぐ側にいつもあったけれど
気付けば私は
悲しい事だけ数えていた
…苦しいよ

降り続く雨が
溢れる涙を攫っていく
どうして今まで
気付かない振りを
していたのだろう

この日々はいつか
何より正しい過去になるよ
明日の私を 未だ見ぬ私を
願っていよう
また明日

会えるよ

逢えるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:都会の雨 歌手:鳴ル銅鑼

鳴ル銅鑼の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-06
商品番号:TPDR-23
tPD records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP