試聴する

夢であった猫

この曲の表示回数 2,167
歌手:

印象派


作詞:

MIU


作曲:

MIU


時過ぎゆき 夢だったようね
こんなもんになぜ 夢中ーだったんだろ
それさえも謎 ガラスは曇り
雪になってら

くりかえしだね まわる時間は
思い出とよぶか 日常とよぶか
変わらない日々 諸刃の刀さ
雪積もってら

それで なんとなくうたたねしたんだ
あの街の雨は冷たいんだ
それで 意識は夢のなかにいって
そこで会った

夢であった猫 それは昼下がり
夏の幻 手にはマタタビ あくびしている
夢であった猫 暑い昼下がり
忘れるまばたき 真っ直ぐな目でみつめてくるよ

記憶をたどる線 青いあの線
目と目をつぶって 見えるあの線
奇跡をよぶ線 赤いあの線
手と手ををつないで 見えるあの線

それで なんとなく気がかりだった
あの場所にいってみたくなった
それで 意識は夢のなかにいって
そこで会った

彼にあった

夢で会った猫 夜の街灯り
真冬の夜道 ひといきれにまぎれくしゃみしている
夢で会った猫 刹那目と目があい
ひと泣きしてさっと 風のよう気まぐれ
もういちどあいたい

もういちどあいたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢であった猫 歌手:印象派

印象派の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-04
商品番号:PECF-3189
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP