この曲の表示回数 11,063
歌手:

羊文学


作詞:

塩塚モエカ


作曲:

塩塚モエカ


長い階段を
かけ上がってたら
足が疲れて
座り込んでしまった
一度こうなると
立ち上がるのには
ものすごく強い
心がいるなと思った

映画にうつってた
ハッピーエンドは
あたりまえだけど
作り話だって
気づいてからは
いろんなことを
仕方ないからと
笑ってゆけるようになった

君はさよならも
言わずにゆくだろう
窓を抜ける風
プールサイドみたいな
においだ

わたしまだ壊れたままでいる

当たり前のことが
どんどん遠ざかってゆく
いつだって神様はみている
それも忘れてく
自分のことばかり
いつもいっぱいになるのは
多分仕方のないことで
それもいいけれど
すこしくらいは
優しくなりたい

いままでのことは
忘れておくれよ
壁に空けた穴くらいにしか
君の人生を
変えてない

わたしまだ壊れたままでいたい

思い出はいつでも
少しだけ輝いて見える
いつだってそれを妬んでは
立ち止まっている
昨日の事ばかり
いつもいっぱいになるのは
多分仕方のないことで
それもいいけれど
すこしくらいは
幸せも知りたい

きっともう二度と
会うこともないけど
仕方ないよねと
笑ってゆけるようになるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Step 歌手:羊文学

羊文学の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-04
商品番号:PECF-3188
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP