陽炎

この曲の表示回数 7,501
歌手:

徳永英明


作詞:

徳永英明


作曲:

徳永英明


あなた遠くへ逝ったのは
六月のわり蒸し暑い
そこにはもう居ないのに
あなたの手を握ってた

あなたを憎んだことばかり
離れてくらした日もあった
それでも私の気持ちはずっと
あなたの方を向いていた

許せないことばかり
多すぎたからかしら
しばらくは面影も見ないようにしてたみたい

でも、あなたの残したセーターの
袖を折って着てます
私でも知らないこの想い
言葉に表すことできません

一人が慣れたこの家も
あなたの写真がある部屋も
住み慣れた場所の近くに
引越ししようと思います

思い出は楽しいと
人は呼んでますか?
私には思い出に陽炎が舞っています

でも、あなたの好きな洋菓子を
今日も買って帰るの
私にも見えない思い出が
記憶のどこかにあるのでしょ

笑顔だけで他の女(ひと)
たぶらかしてばかり
手鏡が映すのは泣き腫れた私だった

でも、あなたの残したセーターの
袖を折って着てます
私でも知らないこの想い
言葉に表すことできません

私でも知らないこの想い
言葉に表すことできません
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:陽炎 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-07-19
商品番号:UMCK-1572
Universal Music =music=

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP