試聴する

ふたりの砂時計

この曲の表示回数 17,726
歌手:

半崎美子


作詞:

半崎美子


作曲:

半崎美子


並んだ心が離れた日もあったけれど
紡いだ思い出が何度も手を貸してくれた

運命と呼べる出会いだったと
気づくのが少しだけ遅くなったけど

良いときも悪いときも
変わらずそばにいてくれたね
どんな日もあなたがいたから
どこまでも強くなれた

そっと拾った言葉を今抱きしめている
きっとあなたは覚えていないでしょう

こぼれ落ちていく日々の底に
重なり合っていく ふたりの足跡

辛いとき苦しいとき
必ずそばにいてくれたね
何より揺るぎない想い
今日だけ伝えさせて

前より優しいその背中
頼りない笑顔も
愛しさに変わる時の流れに
こうして寄り添っていたい

そしていつか 最後の一粒が落ちる
その瞬間がやってくるその日まで

さらさらと音も立てず
降り積もるような刻を
ささやかでいいあなたと
この先も生きていきたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりの砂時計 歌手:半崎美子

半崎美子の新着情報

  • 布石新着 / ♪無名の青空を見上げて途方に
  • 朝凪新着 / ♪広がる空は大地を残し生まれ
  • わせねでや新着 / ♪島の風にこの身を吹かれ歩く
  • 次の空 / ♪塞いだ耳を開け放したなら
  • 時の葉 / ♪舞い落ちたその先に居場所など

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017/04/05
商品番号:CRCP-40505
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP