試聴する

白い一日

この曲の表示回数 28,099
歌手:

井上陽水


作詞:

小椋佳


作曲:

井上陽水


まっ白な陶磁器を
ながめては 飽きもせず
かといって触れもせず
そんなふうに 君のまわりで
僕の一日が 過ぎてゆく

目の前の 紙くずは
古くさい手紙だし
自分でもおかしいし
やぶりすてて 寝ころがれば
僕の一日が過ぎてゆく

ある日 踏切りの向こうに君がいて
通り過ぎる 汽車を待つ
遮断機が上り ふり向いた君は
もう大人の顔を してるだろう

この腕をさしのべて
その肩を抱きしめて
ありふれた 幸せに
もちこめれば いいのだけれど
今日も一日が 過ぎてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い一日 歌手:井上陽水

井上陽水の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-26
商品番号:POCH-1574
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP