試聴する

疾走

この曲の表示回数 4,548

僕らの瞳に灯る この街の明かりの色
同じもの見ていてもまるで 違うこと思っている

喜んでいるようにみせて 受け取った人形も今は
誰もいないホームでひとり ゴミ箱で笑っている

どうしたって すれ違っていくのに
どうしたって 誰かのそばに居たい

遥か 昔々から なにひとつも変わらぬまま
愚かな生き物はそれでも夢を見て駆ける
今、僕が描いた未来図は、君の目にどう見えてる?

その場しのぎの言葉と やり過ごしてくだけの日々
似た者同士の君が 隅っこでまた泣いてた

どんな風に 寄り添ってみても
どうしたって 同じ痛みじゃない

閉じた 固く締め出した 温もりさえ遠ざけてた
これでいいはずなのに 扉を叩くのは僕だ

遥か 未来その先も 分かり合えないとしてもまた

遥か 昔々から なにひとつも変わらぬまま
愚かな生き物はそれでも夢を見て駆ける
今、僕が描いた未来図は、君の目にどう見えてる?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:疾走 歌手:ウルトラタワー

ウルトラタワーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-02-08
商品番号:AVCD-93590
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP