試聴する

indio

この曲の表示回数 10,640
歌手:

See-Saw


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


哀しい歌をふいに思い出した
夏の毛布にもぐり込んだ夜なのに
冷たい雨に足を速めても
失くしたものに届かないと泣いていた 君の歌

家に帰る道では指を離せずに
遠い電車の音 優しい海鳴りに変えた
二人で

子供の頃に読んだindioの南へ
船の出る時間を二人でほら、書いたノート
乾いた風に翳り無い太陽
幻の大地を私だけが彷徨ってる 今も

君のくれたもの忘れたくなくて
遠い海鳴りに耳を澄ます
一人で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:indio 歌手:See-Saw

See-Sawの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-21
商品番号:VICL-61069
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP