試聴する

星降らない夜 featuring 小谷美紗子

この曲の表示回数 7,472
歌手:

SING LIKE TALKING


作詞:

C.Fujita


作曲:

T.Nishimura


すこしでも 僕は君の元気になりたくて
かなしくても笑っていたんだ
この心の真ん中に
君のために部屋を空けてあるから
僕はさみしくはない
どこへ行ったって地球が舞台
ひとつだけ 忘れないでいてよ
君はかならず愛されている
いつの日か 星の降らない夜を迎えたら
僕のこと 記憶の城から
呼んで欲しい

すこしでも早く 君の傷が癒えるように
おしゃべりで埋めた涙
僕はきっと知っているから
さようならって出来事
君っていう人を
旅は自由だけれど
着地できない気球は乗れない
ひとつだけ 忘れないでいてよ
君はかならず愛されている
ときには 陽の当たらない坂道 凍えたら
僕のこと また燃やせばいい
立てるまでは

ひとつだけ 忘れないでいてよ
君は確かに愛されていた
いつの日か 星の降らない夜を迎えても
僕のこと やがて消えたって
そのことだけは
生きていく

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星降らない夜 featuring 小谷美紗子 歌手:SING LIKE TALKING

SING LIKE TALKINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-15
商品番号:UPCH-1290
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP