裸ピストル

この曲の表示回数 1,651
歌手:

ZIGZO


作詞:

TETSU


作曲:

TETSU


残された時間は もう少なく透ける位
その先にぼんやりと 君の姿が見える

「目の前に続く逃げ道 現実はまるでギロチン」

もう一度だけ 君に包まれて 子供みたいにただ眠り
夢を見たかった 見せたかった 鏡が映すこの姿を見てよ

裸の手のピストルが
不気味に黒く光る
裸の足のブーツが
先の後悔を踏みつぶす
裸で手にピストルさ
頬をなでる程度の握力で

残された時間は もう少なく透ける位
落ち着いたもんさ 恐怖のリズムが心地よい

もう一度だけ 君を抱いて 華奢な体を心配して
こんなボクで嫌われやしないかと 目を開けたままキスをして
もう一度だけ 君に包まれて 子供みたいにただ眠り
夢を見たかった 見せたかった 鏡が映すこの姿を見てよ

裸の手のピストルが
不気味に重く笑う
裸の足のブーツが
先の後悔を踏みつぶす
裸で手にピストルさ
裸の手のピストルが
まるで体の一部さ
裸の手のピストルが ふし穴の真ん中に風穴を開けるから
ぬるい汗がひいたら 祈りをつぶやき 指先で頬なでて
サヨナラ!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裸ピストル 歌手:ZIGZO

ZIGZOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-01
商品番号:COCP-50160
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP