試聴する

夏花の唄

この曲の表示回数 4,927
歌手:

夏川りみ


作詞:

宮沢和史


作曲:

宮沢和史


公園にあつまる声で 梅雨が明けたと気づく
何故(なぜ)だろう 夏が来るのが 近頃少し恐い

傷ついては学び またつまずいて
巡る季節めぐり また夏が来る…

幼き頃を思い出す はにかむあなた 木綿花(むみんぱな)
日に焼けて汗ばむ笑顔 それこそ私の故郷(こきょう)
心の奥にそっと咲く花

たどり着けば転び また立ち上がり
何度もあきらめて また夏を待つ…

月の光に照らされて キラキラ光る夏花(なつぱな)の浜
日に焼けたあなたの笑顔 それこそ私の故郷
心の奥にそっと咲く花
瞳閉じれば永遠の夏
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏花の唄 歌手:夏川りみ

夏川りみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-09
商品番号:VICL-37218
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP