最後の頁

この曲の表示回数 12,136
歌手:

西田あい


作詞:

宮田純花


作曲:

宮田純花


君と過ごした学生街 今も時々通りかかる
色を変えた街並の中で 色褪せぬ想い出
いつか話した夢の上を 僕は変わらず歩いてるよ
君がくれた励ましの言葉 時折かみ締めて
僕を真っすぐ信じてくれた 初めての人だった
Ah すべてをかけて 君だけを愛した
Ah 最後の頁 閉じられず立ち止まる僕がいる

もしもあの時抱き寄せたら 今も隣にいただろうか
弱くなった目頭に熱く 悔しさ込み上げる
一度たりとも憎めなかった 背を向けた人なのに
Ah 離れはしない 口ぐせも仕草も
Ah 最後の頁 しなやかな黒髪が揺れている

Ah すべてをかけて 君だけを愛した
Ah 心に綴る かけがえのない日々をありがとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後の頁 歌手:西田あい

西田あいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016/10/19
商品番号:CRCN-1995
Nippon Crown =music=

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP