試聴する

Y.A.N.O.

この曲の表示回数 2,247
歌手:

SUEMITSU & THE SUEMITH


作詞:

末光篤


作曲:

末光篤


小さな二階建ての駅のホームに降り立ち
あの頃の面影を失くした街を見渡す

懐かしいにおいもまるで掻き消してしまう
この場所に似合わない人の流れに隠れる

そんなことを嘆いたりはしないけど
ただひとつだけ変わらないものを信じたくて
瞳を閉じた

君に逢いたい もう一度
音のない音楽室で
二度と戻れない夏の日が輝いてる

過去から未来へと時を越えて来たような
不思議な感覚の中で迷いそうになる

そんなことを笑ったリはしないけど
鏡に映した自分が誰かもわからなくて
瞳逸らした

僕に逢いたい ひたむきに
泣きながら追いかけてた
二度と戻れない夏の日を抱きしめたい

年を取るたびに 意味も変わっていく
どんなことも ただの記憶さえ

君に逢いたい もう一度
音のない音楽室で
二度と戻れない夏の日が輝いてる

僕に逢いたい ひたむきに
泣きながら追いかけてた
二度と戻れない夏の日を抱きしめたい

君に逢いたい もう一度
音のない音楽室で
二度と戻れない夏の日が輝いてる

さよなら
愛しい街の全て
目を閉じて
また会おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Y.A.N.O. 歌手:SUEMITSU & THE SUEMITH

SUEMITSU & THE SUEMITHの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-12
商品番号:CTCR-14909
cutting edge

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP