試聴する

冬のソリティア

この曲の表示回数 3,231
歌手:

LOOK


作詞:

相良光紀


作曲:

千沢仁


十九になった夏の終わりに
この街にたどり着いた
僕はそれ以上なにも
聞かずに君を愛した

『夏の終わりを見届けるのは
辛すぎるから…』と、君は
タイプライターに一言だけ
ある日、街を出た

NEWYORK CITY から
今夜、僕も逃げてしまおう
誰も居ない部屋に残される
君と僕のソリティア

秋が過ぎ去り、街はモノクローム
午前5時のサブウェイ・ステーション
汚れた壁のグラフティー
『夢はかなう!』と、描いてある

そんなジョークに、少し微笑み
階段を上がりきれば
クリスマスの朝の街を
雪が降り始めた

NEWYORK CITY から
今夜、僕も逃げてしまおう
誰も居ない部屋に残される
君と僕のソリティア

Bye Bye My Love いつの間には僕が
Bye Bye My Love 通り過ぎた季節
微笑み浮かべて雪の街を行こう…

NEWYORK CITY から
今夜、僕も逃げてしまおう
誰も居ない部屋に残される
君と僕のソリティア
二人だけの思い出の日々

君と僕のソリティア……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のソリティア 歌手:LOOK

LOOKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-02-26
商品番号:32・8H-5001
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP