湘南アフタヌーン

この曲の表示回数 4,229
歌手:

太田裕美


作詞:

松本隆


作曲:

山田つぐと


汽車の窓 頬杖つけば
流れゆく冬は影絵ね
旅人の振りして浜辺を
横切れば あなた住む町
想い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
くちびるがまだ寒いのは
人恋しさのせいでしょう

年老いた漁師の人が
手を休め 笑いかけてる
白ペンキめくれたボートが
焦げた夏 名残らせていた
思い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
空っぽな胸の透き間を
白いかもめがすり抜ける

ひざまでの波のつめたさ
死ぬ気など消えうせるだけ
流木を集めたたき火に
ばかだねと泣く いくじなし
想い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
晴れあがる湘南の空
悲しみが透き通る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湘南アフタヌーン 歌手:太田裕美

太田裕美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-09-15
商品番号:SRCL-2079
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP