試聴する

MONOLOGUE

この曲の表示回数 4,873
歌手:

VALSHE


作詞:

VALSHE


作曲:

VALSHE


見えなくなるまで
遠く 遠く 遠ざけていた

君が見ている夢には ぼくの姿は出て来ない
どこまでも なにひとつも 本当は知らない

ひとひらの雪 ひとつ 滲んで消えた
ぼくだけが最期を見つめていた
ただ寄り添うことしかできないことも
よくわかっていた わかっていたんだ ずっと

無効になるまで
遠く 遠く 遠ざかる

君を置き去りにして 正しく巡った季節は
移ろって 流れていった 情景は見えない

色の無い街 ふたり 消えていなくなる
ぼくだけが結末を傍観ていた
どんな終わりもすべてはじまるためと
そう思っていたい 思っていたいよ ずっと

ひとひらの雪 ひとつ 滲んで消えた
ぼくだけが最期を見つめていた
ただ寄り添うことしかできないことも
よくわかっている わかっているんだ ずっと

いつの日か きっと 待ち人は来る
ぼくが望む結末を見届けよう
どんな終わりもすべてはじまるためと
そう思っていたい 思っていたいよ ずっと

もう 知っていた この思いは きっと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MONOLOGUE 歌手:VALSHE

VALSHEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-07-27
商品番号:JBCZ-9028
ビーイング

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP