試聴する

それは夏の午後

この曲の表示回数 3,874
歌手:

南野陽子


作詞:

小倉めぐみ


作曲:

黒沢健一


人の波を 止めたシグナル
流れ出した 車道の向こう
なつかしい あなたが ポツンと 立っていた
それは 夏の午後

どうしていたの? 元気だったの?
心でつぶやいた
遠くになった 一年前が
あざやかになる…

失(な)くすものが あまり多くて
ついてくのは 無理だと告げた
それでも それでも 誰より 愛してた
去年の夏の日

灼(や)けた陽射し 車がはじく
あなたがふと 私に気づく
おどろく 瞳を 一瞬 尖らせて
すぐ顔そむけた

時のはやさに 負けないでいる
憎しみがうれしい
遠くなっても 強いあなたは
変わらずに いる…

愛だけでは やってゆけない
いつか二人 悔やむと思った
それでも それでも 誰より 愛された
去年の夏の日

そのまなざしに 今もきらめく
憎しみがうれしい
遠くなっても ずるい私を
忘れずに いる…

人の波が 流れはじめて
そう誰より 他人の顔で
なつかしい あなたが 静かに 近づいて
今 すれちがった
なつかしい 痛みが 二人の 肩先で
今 風になった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それは夏の午後 歌手:南野陽子

南野陽子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-07-12
商品番号:32DH-5273
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP