影になる

この曲の表示回数 2,484

どこか木陰から
歌が洩れてきた
喋りそうな月は
鈍いオレンジ

やがて日暮れて
ひとり置き去りで

君の影が
その背中から
しらけた顔で
ちぎれていく

あぁ
わがままの罰で
とぎれた姿の
君がダメになる

薄れた影は
君を置き去りで

「…探さないで」
影が消えてく

寂しくなり
仕方なくて、とにかく
誰かに声を
聞かせたくなる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:影になる 歌手:詩人の血

詩人の血の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-06-21
商品番号:ESCB-1152
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP