試聴する

夜香花

この曲の表示回数 13,028
歌手:

感覚ピエロ


作詞:

滝口大樹


作曲:

横山直弘


コンクリートを黒く濡らした降り注ぐ雨は
まるで僕たちの憂鬱のように 音もなく広がってゆく
「会えないの?」受話器越しの掠れている君の声に
囚われた僕はすぐに ドアを開け夜を駆けるよ

夜にしかその花を咲かせない君だから
僕はただ朝の来ない世界を探している

狂い咲け今だけを、この瞳に刻み瞑じた
痛いほど真っ白なその肌と かぐわしい香り
咲き乱れ、今だけは全て忘れて欲しい
痛いほど真っ白なその胸に刻んだ約束

季節が何度巡り 悪戯な時が
君を記憶の底へ連れ去っても 必ず迎えにゆくよ
「繋いだ手 離さないで」

終わりを告げる鐘の音が響く
儚く微笑んだ君は 新しい朝に溶けて消えた

狂い咲き、灰色の未来が君を手招く
二度と枯れることはない 君を照らす光になるから
そう消えることはない ずっと忘れはしない
痛いほど真っ白な 永遠に解けぬ約束
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜香花 歌手:感覚ピエロ

感覚ピエロの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-06-01
商品番号:JIJI-8
JIJI RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP