木立の中の日々

この曲の表示回数 2,930
歌手:

大貫妙子


作詞:

大貫妙子


作曲:

大貫妙子


庭のすみであなたの植えたくちなしが
今年も花をつけた
あなたはまた優しく強く抱きしめる
けれどそれはあいさつのようなもの
見つめる私を
この幸せが不幸にする
恋はせつないから
恋を忘れただけ

冬の朝は夏の白さが懐かしく
逢えないままの友達
はずむ声がひびく受話器の向うから
遠く海の詩が聞こえてくる
ああ、木立の中を
歩く時だけ私になる
過去の駅に立てば
今は待つ人もいない
そして変わらないことは
あなたを愛している
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木立の中の日々 歌手:大貫妙子

大貫妙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-09-21
商品番号:MDC7-1031
ミディ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP