孤独のゲーム

この曲の表示回数 1,880
歌手:

小山卓治


作詞:

小山卓治


作曲:

小山卓治


誰もが勝者になれるゲーム
そいつは一人歩きさ
頭の中ではいつでも
不安が乱反射してる
苦しみに慣れたんじゃない
はぐらかすことを覚えただけだ
逃れられなくなった時
初めて自分の卑怯さと向き合う
落ち込むことはないだろう
だけどこのままじゃ決して飛べないよ
心から孤独を憎み
そして心から孤独を愛して
見破られていない嘘は
ここではいつも真実の一つさ
何かをしでかすやつは
最後まで夢から醒めなかったやつさ

あんたがこれをジョークと笑うなら
俺は自分をジョーカーと名づけよう
スペードのエースみたいに
どこまでも高く舞い上がる
ペテンもイカサマもなしだ
このカードで勝負に出てやる

君は自分の計画を
いつまでも延期し続けるつもりかい?
君が現実と呼ぶもの
俺はそいつを屈辱と呼ぶだろう
君は俺を卒業して
ついでに自分からも卒業するんだろう?
誰も口にしないことを
俺が口走ってしまったせいで
君が傷つけることが避けられないなら
ちゃんと傷つけよう
そんな曖昧な笑顔で
わかったつもりになって欲しくない
君の青春の夢と思い出の
ネタになんかなりたくないんだ
たった一度でも降りたら
死ぬまで観客の一人のままさ

あんたがこれをジョークと笑うなら
俺は自分をジョーカーと名づけよう
スペードのエースみたいに
どこまでも高く舞い上がる
ペテンもイカサマもなしだ
このカードで勝負に出てやる

いつでももう飛び出せるぜ
15の時から荷造りをしてる
心の中には翼があるから
夢ではいつも飛べるんだ
金など天から降ってくる
このところ日照りが続いちゃいるが
自由を手にしたとしても
金を持たないでどうするつもりだ
物欲しそうに見上げてるやつに限って
正義とか口走る
腹の中ではいつだって
よこしまな考えが渦巻いてる
自分を曝け出すことさ
だけど武器を持たなけりゃ痛い目に会うぜ
目には怒りを燃やして
目元に薄笑いを浮かべて

あんたがこれをジョークだと笑うなら
俺は自分をジョーカーと名づけよう
スペードのエースみたいに
どこまでも高く舞い上がる
ペテンもイカサマもなしだ
このカードで勝負に出てやる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:孤独のゲーム 歌手:小山卓治

小山卓治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-21
商品番号:SRCL-2526
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP