カザキリ

この曲の表示回数 49,401
歌手:

やなぎなぎ


作詞:

やなぎなぎ


作曲:

饗庭純


守るかわり風切羽を折った
bird in a cage

月は満ち欠け時間を落とす
羽の輪郭なぞる星彩
いつからこうして檻越しに触れてたのか
無垢な音でさえずる度に
もっと頑丈な城に作り替えた

花から滴る毒
根の渇きを癒していく
籠に染み出す本能の飛沫
ねえ もしも君が天使じゃなくっても
bird in the hand
温め続けていたいよ
だから今はゆりかごで眠って

肌を伝って馴染む雨が
隅に詰まった泥を落とす
正しく流れる 生きている証の色
足元の泥濘を蹴り
ちっぽけなこの枠から抜けだそう

風に預けた花は見えなくなって
きっとどこか遠くで芽生える
檻を開け放ったなら
君もそこへ行くだろう

孤独の数だけある 鍵の扉開き続け
あなたの肩で羽を休めたい
ねえ もしも自由に飛べるとわかっても
bird in your hand
傍で歌い続けてるよ
だからその手のぬくもりを
私に触れて 教えて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カザキリ 歌手:やなぎなぎ

やなぎなぎの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-02-24
商品番号:GNCA-424
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP