不思議な樹

この曲の表示回数 5,049
歌手:

種ともこ


作詞:

種ともこ


作曲:

種ともこ


けさ起きたら頭なんだか重くて
暑くて寒いような気がして
学校はお休み うちで寝てなさいって

ひんやりとしめったふとんの中
ママがいて絵本を読んでくれるのを
ぼんやり聴いてると頭がぐらぐらになる

ジャックとボクと牛をひっぱって
ジャックとボクと市場を歩いて
ジャックとボクときれいな豆を買った

貝殻やせみのぬけがらたちが
晩ごはんに帰るボクのおみやげ
ママはいつだって窓から捨ててしまう

ジャックとボクと窓辺で泣いた
ジャックとボクと涙あつめて
ジャックとボクと豆つぶにかけた

闇の沈黙吸って不思議な梢のびる
おとなたち眠るとき妖精たちはばたく

夜中にこわい夢を見たんだ
捨てられた宝物が芽をだして
ボクの体を縛ってしまうんだ

ジャックとボクと豆の木のぼって
ジャックとボクとめんどり見つけて
ジャックとボクと大男たおした

闇の沈黙吸って不思議な梢のびる
おとなたち眠るとき妖精たちはばたく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:不思議な樹 歌手:種ともこ

種ともこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/10/25
商品番号:MHCL-934
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP