試聴する

乙女の儚夢

この曲の表示回数 4,437

あわれ乙女よ何故歎くか お巡りさんがわけ迅えば
お願いだから許してね
弟 いもうとおなかすかして 待ってるからね
なくなと云えばなを泣いた
かた うちふるわせて

乙女の父親人力俥夫豊八は
にげたお春の日々を追い酒に歎き暮れ
弟 いもうといじらしく ジっとひもじさこらえれば
小さな胸にそっとあたためてみた
あぁとりがらソップ

お姉様はね 廓街錦紗の帯にほお紅で
すてきなのよと 乙女よこがれよと
アコーディオン鳴りわたり 物語り泣く宵の辻よ
とおりぬけれます いえ通りぬけれぬ
春をひさぐ あぁメリンスフトン
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:乙女の儚夢 歌手:あがた森魚

あがた森魚の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP