輪廻の箱庭

この曲の表示回数 2,192
歌手:

Kra


作詞:

景夕


作曲:

結良


時計の針だけがこの身体刻み続けてる
輪廻の箱庭を繰り返し回り続けてる
孤独(悲しみ)の季節から
あなたがいた(幸せな)時間(とき)に戻して

何故人は恋をしてその身に火を灯し
また消える灯火と気づかず繰り返すの?

落ちてく闇に夢を見た 暖かな夢を
そのまま醒める事もないまま

こぼれ落ちる涙止めどなく 雨の檻に閉ざされて
行くあてのない心の迷路 出口のない夜の中

ただ嘘と真実を秤に乗せただけ
また調和をとるために秤に乗せていくの

沈む嘘に夢を見た 儚い夢を
そのまま醒める事もないまま

陽の光探し彷徨うけど 虚ろな亡霊だけが
笑顔で導くその場所は 闇の深い海の底

こぼれ落ちる涙の数だけ あなたへ向けた想いと
こぼれ落ちる涙の重さが 天秤を揺らしているの

こぼれ落ちる涙止めどなく 雨の檻に閉ざされて
行くあてのない心の迷路 出口のない夜の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:輪廻の箱庭 歌手:Kra

Kraの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-10-14
商品番号:YZPS-10012
Peace&Smile music

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP