氷の国

この曲の表示回数 5,442
歌手:

少年隊


作詞:

枯堂夏子


作曲:

西司


眠らない都会(まち)に 別れを告げ
北の国へと 飛び立つ

氷河の街の 低い空が
悲しみを そっと 包む

くずれ落ちてく 氷のかたまり
つみかさねた 嘘を 嘲笑(わら)うように

早すぎた時間(とき) はしゃぎすぎた夜
すべての 音が消える 氷の国

突き刺す寒さは 温りきった
哀れみを 寄せつけない

地平まで続く 白い道に
疲れてた心が 目覚めた

狭すぎる都会(まち) 遠すぎる明日(あした)
こぼれ落ちた やさしさ 取りもどせ

かすかに聞こえた 低い笛の音
遠い記憶 かすめる 氷の国

吹雪がけむる 嵐(かぜ)が泣きさけぶ
むなしい言葉たちが 消えていく

遠く残した あなたの涙が
胸を あたためている 氷の国
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:氷の国 歌手:少年隊

少年隊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/12/23
商品番号:WPCL-220
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP