男に生まれて

この曲の表示回数 2,048
歌手:

高杢禎彦


作詞:

及川眠子


作曲:

前田克樹


砂埃が舞う道ばたにひとり
時の流れの速さかみしめるよにたたずむ
久しぶりに眺める故郷(くに)の景色は
あれから何ひとつ変わっちゃいないけど

むかえにくるよと 言い残したまま
待たせた君 気がかり

男に生まれて せつなくないかい
皮肉なことばが 空から聞こえてくるよ
男に生まれて 悔やんでないかい
君の面影が
いまも胸をよぎる Wow-Wow

夢とひきかえに大切なひとを
泣かせてしまった若さだけが心責めるよ
黄昏色に染まる冷たい風に
背中押されるよに君のドアを開けた

涙ぐみながら 微笑んだ君が
いまつかんだ真実

男に生まれて せつなくないかい
離れているほど 忘れられずいたなんて
男に生まれて 悔やんでないかい
幸せにすると 君に誓うだけさ

男に生まれて せつなくなるけど
この腕に君を 抱きしめていられるから
男に生まれて よかったと思う
幸せにすると
君に誓うだけさ Wow-Wow
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男に生まれて 歌手:高杢禎彦

高杢禎彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-27
商品番号:TOCT-6342
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP