No die down

この曲の表示回数 5,960
歌手:

LASTGASP


作詞:

岡田勇希


作曲:

岡田勇希


空気の悪い部屋 汚れた壁にもたれて
飲み込んだ台詞吐き出してみるんだ

どんなに期待したって「僕は僕」だよ
それならいっそ「僕」のまま、聴かせたい声
思い付くだけ詰め込んで

未来に残せ 今 音に乗せて
意味のない一秒に色を付ける
火の付いた蝋燭は短い命削って燃えるように
照らすよ

青色に光るネオンの灯りが足元濡らしてる
ビルの陰潜む、赤い目をした描は
何思って眠るんだろう

廻る、廻る、円を描いて虚しさは夜に刺さったまま
閉じた扉をこじ開けて

研ぎ澄ませ 火花散らして
意味のない日常に刻みつける
間違いや後悔を引きずり回して走ったその跡は
消えない

「その世界」で見ていたいのは
絶えず鳴り続ける僕の「照明」
火の付いた蝋燭は風の前に消えそうだけれど

研ぎ澄ませ 今 火花散らして
意味のない日常に刻みつける
間違いや後悔を引きずり回して走ったその跡は
消えない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:No die down 歌手:LASTGASP

LASTGASPの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/07/01
商品番号:YMPCD-18
Nothingframe

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP