冬は悲しい夢を

この曲の表示回数 2,532
歌手:

西崎緑


作詞:

阿久悠


作曲:

沖田宗丸


雪降る町 雪積む町
旅人が似合う北の駅は
誰もみな無口になり
顔をうつむけ
何か占う

この私も 手を重ねて
乗りかえの汽車を待っていたわ
無茶はいけないよと
声をかけられ
そっとうなずく

冬は悲しい夢を
いつも見させるのです
だからこうして ただひとり私は
逢いに来ました

窓ガラスに 雪の花が
はりついて外は吹雪いている
高い靴ではもう
歩けないほど
雪は降りつむ

冬は悲しい夢を
いつも見させるのです
だからこうして ただひとり私は
逢いに来ました
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬は悲しい夢を 歌手:西崎緑

西崎緑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-06-25
商品番号:TKCA-72557
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP