Lyra

この曲の表示回数 2,570
歌手:

鈴木康博


作詞:

谷山浩子


作曲:

鈴木康博


あれから僕は いくつかの出会いと
別れをくり返し そして
きみの顔さえ 忘れかけてた
長い時が流れた

知らずにいたんだ 何も知らずに僕は
この世界のどこにも きみがもういないということ
Lyra Lyra

ふたり暮らした 線路ぎわのアパート
踏切の音がしてた
星を見た夜 白い息をつつんだ
きみの赤い手袋

肩を寄せ合い ながめた風景を
覚えている人は今は 世界に僕ひとり
ひとりだけ

悲しむには遠すぎて
ただ心に 風が吹き抜ける

明日からもきっと 何もなかったように
生きていくだろう 僕は

空の青さが 今朝はまぶしすぎる
この世界のどこにも きみはもういないのに どうして

きみと過ごした 愛おしい日々を
覚えている人は今は 世界に僕ひとり ひとりだけ

Lyra Lyra
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Lyra 歌手:鈴木康博

鈴木康博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP