この曲の表示回数 6,442
歌手:

谷山浩子


作詞:

宮崎吾朗


作曲:

谷山浩子


昔々の その昔
歴史が始まる 前のこと
二つのものは 一つだった
二つは同じ 一つだった

持つこと欲した もの達は
海と大地を 選んだが
自由を欲した もの達は
何も持たずに 飛び去った

分かれてしまった 人と竜
忘れてしまった 太古の記憶

遠く遠くの 西の果て
世界が終わる 最果てで
翼を持った もの達は
風のはざまに 生きている

風を吸い込み 火を喰らい
鋼の体は 風に乗る
赤い瞳は 真を見つめ
太古の言葉で 真を語る

どんなものにも 囚われず
どんなものにも おもねることなく

それは気高く 慈悲深く
そして残酷な 残酷な命
人がなくした 太古の姿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:竜 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-13
商品番号:YCCW-10029
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP