試聴する

夜の一品

この曲の表示回数 5,108
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


夜空の 深い青さを染めつけた
幻の皿の上に
緑の葉をしきつめて ただひとり
目を閉じて 横たわれば

きこえる 遠い銀河のまわる音
ゴゴゴゴゴ 熱い祭
わたしの体にうずく 星たちが
食欲の 汗を垂らす

もう誰も ここにはいない
愛された 記憶も遠く

なぜだかわたし 涙も流さずに
夢みてる 銀のナイフ
ユリネと魚とわたし 柔肌に
しみてくる 熱いオイル

食べるなら 今夜しかない
くるおしい 旬の発熱

今まさに わたしの上に
おとずれた 黄金のとき

それでも ここには誰もいないから
星だけが はじけ落ちて
暗闇焦がす 火花のせつなさに
香りたつ 夜のハーブ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜の一品 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-07
商品番号:PCCA-1024
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP