試聴する

月日の鏡

この曲の表示回数 3,448
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


鏡の中にうつっている いつものわたしは
なんにも飾りのない素顔 こっちを見てる

そこにね つけましょう
ホホエミという名前の淡いルージュを
きれいだけど 少しへんな気持ち

それから 上目使いに見る おどけなさのチーク
髪には無邪気さを編み込む 細いリボン

そしてね 鏡にむかって言うの
こんにちは これがわたし
わたし わたし たぶん これがわたし

鏡の中にうつっている いつものわたしは
飾れば飾るほど素顔に なぜか見える

嘘かな ほんとかな
いつのまにか わからなくなる
どうしてそんな顔してるの わたし わたし

嘘かな ほんとかな
いつのまにか記憶が消えて しあわせ
わたし わたし たぶん これがわたし
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月日の鏡 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-02-21
商品番号:PCCA-00044
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP