この曲の表示回数 5,490

その夜も父は 深酒のんで
正体もなく 帰って来た
正月ま近い 寒い冬の出来事
悪い酒に酔った父が母をなぐった
ぼくはそんな父を
とめるつもりだったが
思わず自分の足もと見ると
愛する親父が 倒れてた

酒のむ父の気持ちもわかる
どうにもならぬ 世の中に
生きてるつらさを
そうさぼくも知ってた
なのにぼくは無我夢中で父をなぐった
それはまるで綿のように
やわらかかった
ちいさな僕にも かなわないほど
親父の心は 疲れてた

壁をたたき闇に叫び 涙をながす
何がぼくをあんな風にさせたのだろう
冷たく重たい 悲しみ抱いて
見上げる小窓の 外は春
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春 歌手:北原ミレイ

北原ミレイの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-07-27
商品番号:WPCL-70526
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP