ボクノスベテダッタノニ

この曲の表示回数 12,337
歌手:

成田昭次


作詞:

成田昭次


作曲:

鈴木雄大


いつか僕の 歌が君に届いて
滲んだ時代(とき)を想いだすんだろか
何か信じて 何か探してたね
失いそうな 何かに脅えて

息が白く 君の顔 霞(にじ)ませた
凍えそうな真夜中の街路(みち)で
まるで二人 悲しい映画のよう
ラストシーンを 演じるように
若いってことは 自由でいることと
悲しすぎるね 思い込んでいたよ

未来(あした)を信じなきゃ 夢みる資格ないけど
その瞬間(とき)の僕らは その手に夢を持ってた

人は誰も 過ぎた青い時代(とき)を
「若かったよ」と 笑い話にする
さめた視線 古い映画観るように
まるで夢を やり過ごしたように

あの日の僕ら 輝いていたよね
未来(あした)じゃなくって
瞬間(いま)を歩き、生きた

若すぎた僕には 幸せが見えなかった
微笑んでた君が 僕のすべてだったのに

若すぎた僕には 幸せが見えなかった
微笑んでた君が 僕のすべてだったのに
Lalalala Lalalala 僕のすべてだったのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ボクノスベテダッタノニ 歌手:成田昭次

成田昭次の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/01/21
商品番号:CRCP-10059
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP