シュレディンガーの猫

この曲の表示回数 7,818
歌手:

150P


作詞:

スズム


作曲:

150P


寝ぼけた目を擦り もうすぐ夏が来るねと
キミは嬉しそうに顔を崩し笑ってたっけな

こんなに毎日が愛しくてしょうがないのはなんでだろう
知らないよね ポケットにしまったこの気持ちを

もし朝が来なくても もしもこのセカイが終わっても
それが本当なら ねえ 僕は笑うよ

雨が街を染めて 夕日が長くなったら
キミはまた笑うかな なぜかそんなこと思ってた

どうしてもあの頃が愛しくてしょうがないのは宝物
知らないよね ポケットに忘れたこの想いを

もしも明日が来なくても もしもこのセカイが壊れても
キミが信じるなら ねえ その時は

タイムマシンが出来るかも どこかの星に移動するかも
だって僕はキミが ねえ キミがいるなら信じれるから

こんな世界も
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シュレディンガーの猫 歌手:150P

150Pの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-25
商品番号:VICL-64162
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP