試聴する

空っぽの空

この曲の表示回数 4,126
歌手:

Rake


作詞:

Rake・jam


作曲:

Rake・松浦晃久


壁、心にも世界にも
高く築き上げてる 恐怖心
でも、傷ついた心を
責めることなんかも出来ない

覚えてるかい?
裸足で熱い砂の上
はしゃぎ回って
煌めく太陽に触れた

海を目指して走り出す
交差した光の中を
怖いものなんか何ひとつ世界には無かったあの日
僕たちが見たものを忘れてはいけないけれど
もう一度海と、空っぽの空に
両手を拡げて愛を叫ぼう

立て、歩け、と言う人よ
強いことはそんなに強いんですか?
この涙もあの海も
同じものから出来てるのに

覚えてるかい?
必死にペダル漕いでさ
何処までも行った
煌めく太陽の真下

子供みたいなこと言うな、
そうやって笑われたって
取り繕ろわれた言い訳や嘘を吐く大人にはなれない
雨が降り、膝をつき、座ってた心抱き上げて
もう一度僕ら、空っぽの空に
両手を拡げて愛を放とう

海を目指して走り出そう
交差した光の中へ
怖いものなんか何ひとつ世界には無かった明日へ

僕たちが見たものを忘れてはいけないけれど
もう一度海と、空っぽの空に
両手を拡げて愛を叫ぼう

叫ぼう 叫ぼう

空っぽの空に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空っぽの空 歌手:Rake

Rakeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-25
商品番号:ESCL-4409
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP