MODELS

この曲の表示回数 8,072

朝焼けの工業団地に
夜走りのトラックが戻って来る
さめた缶コーヒーを飲み干し
ドライバーの若者は寝床へ帰っていく

夕方には愛しいあのこに会える

小鳥がさえずり僕らの目覚めを促す頃
なるべき長く続ける為にはちょっとした
工夫もいるんだなんてこと
若いなりに彼は考えている

彼が眠りにつく朝に
彼女は出勤の支度
ラッシュの京葉線の車窓から
動き出す町を眺めて季節を感じている

夕方にはかわいいあいつに会える

タモリがはしゃぎ下らなく午後が始まる頃
なるべく容姿に気を使うためにはちょっとだけ
食費を抑えなきゃって
いつもいつも彼女は考えている

夕方二人はごはんを作る

月も傾き僕らが眠りにつく頃
なるべく二人で続けていく為にはもしかしたら
ここじゃないところへ引っ越すのもいいねと話をする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MODELS 歌手:シャムキャッツ

シャムキャッツの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-19
商品番号:PCD-24336
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP