JUMPING JACK

この曲の表示回数 2,659
歌手:

ROBOTS


作詞:

TAKUYA


作曲:

TAKUYA


JUMPとTRASHと純情が 夜の海に飛び込んだ
愛というな マダ、視海に溺れた夢だ
でもJACKは見た 現実を見ていた
さあ切り裂いて 真っ赤になって 悲しいけど彼こそ純情だった
ギザギザとがった カケラが僕で 君の肌が欲しくなった
でもJACKは見た 現実を見た

スティックと皮膚のビートが 僕の耳を切り裂き!
JACKが海に飛び込んだ 君のブルーが罪だ
でも僕は見た 首筋を見ていた
さあ飲み干して 唇を噛んで 血の色僕の果実になって
バラバラになった 記憶がいつも 夢の後で小さな絶望になる
でも僕は見た 首筋を見た

ゴシップが彼の心臓を 涙のケースで売り出す
愛という名 マーダー 自由という Oh,ボーダー
でもJACKは見た 現実を見ていた
さあ切り裂いて 真っ赤になって これが僕の最後の純情なんだ
ギラギラに錆びた カケラが鈍く 光り出して 彼女を眠りの中へ
JUMP JACK!
君の肌が欲しくなった
JUMPING JACK
夢の後で小さな絶望になる バイバイ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:JUMPING JACK 歌手:ROBOTS

ROBOTSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-11-03
商品番号:ESDB-3921
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る