街のジプシー

河島英五

街のジプシー

作詞:河島英五
作曲:河島英五
発売日:1988/12/21
この曲の表示回数:4,897回

街のジプシー
色んな男と歩いていたね まるで街のジプシーさお前は
男に傾く身体の重さが悲しみやさびしさなんだろう
一度だけ素顔のお前見たね 思いがけなくも少女みたいでさ
窓から差し込む朝日を浴びて はにかみながら立っていたね

重たい化粧落としなよ こわがらないでさらけだしてごらん
素顔のお前を見せてくれもう一度見せてくれ

墜ちてもいいぜお前が望むなら お前がのぞいた地獄って処まで
戦さに病れた兵士のような お前のココロのサバクにとどくなら

奪ってみせるぜお前の魂 その日が来るのを待っていろよ
少女みたいにウブにふるえながら 俺の前でハダカになるのさ
重たい化粧落としなよ 朝が来るまでおどりあかそう
素顔のお前を見せてくれ もういちど見せてくれ

墜ちてもいいぜお前が望むなら お前がのぞいた地獄って処まで
戦さに病れた兵士のような お前のココロのサバクにとどくなら

お前のココロのサバクにとどくなら

重たい化粧落としなよ こわがらないでさらけだしてごらん
素顔のお前を見せてくれもう一度 見せてくれ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません