試聴する

ゆううつな熱帯魚

この曲の表示回数 2,049
歌手:

京田未歩


作詞:

京田未歩


作曲:

京田未歩


何色にでもかわれる背中を
蛍光灯の光がただ照らす
「まったくイヤんなっちゃうわ」
あの子がもらしたグチにそっとうなずいて。
物足りないドライフードランチは
今日の次が明日だって事を示す

ゆううつな熱帯魚の様に
水面をゆらゆらゆれる
あなたは今どこにいるの?
誰のために笑っているの?

大きすぎる時計をはめて
ちょっと背伸びして買ったブーツをはいて
最近覚えたブレンダ・リーを
軽快に口ずさんで
待ち合わせのカフェに急ぐ
時計はめずらしく 10分前

いつだって一番いいとこで
目がさめて消えてしまう
気がつけば冷たい水の中で
ゆらゆらゆれている

願い事込めて歌にのせるよ
やわらかいメロディーかなでて
遠い遠い距離を越えて届けるよ
愛しいあなたのもとへ

気まぐれな指先はいつも
左肩を通り越して
冷たい水槽の中に
多すぎるドライフードを入れる
ゆううつな熱帯魚は
また夢をみて
ゆらゆらゆれる。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ゆううつな熱帯魚 歌手:京田未歩

京田未歩の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-06
商品番号:PCCA-1639
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP