君のいない街

この曲の表示回数 5,156
歌手:

Hysteric Blue


作詞:

たくや


作曲:

たくや


君のいない街 枯れそうな陽 自転車こぐ足
あんなに邪魔だった重みなくて
からまわり空を切った

金曜週末 渋谷の駅 並んだホーム
あんなに楽しそうな顔をして
僕達もいたのかな

河川敷のみえるグラウンド
月が顔を出した
家路走って行く少年の
甲高い笑い声…

いつも一緒に行ったスーパー 夕暮れに
スカスカの袋 今日もひとりぶんだけ

いつか大人になったら
寂しいと言わずに生きれる日々が
来るのでしょうか

君のいない街 派手な暮らし 作った笑顔
どんなに取り繕おうともがいても
虚しさは 風化せず

埃かぶった押し入れ段ボール
まにまに引き出した
脂ばしっていた少年も
今は遠い日の午後…

いつか一緒にやったサッカー 公園で
ブカブカの靴も 今日はひとりぶんだけ

いつか大人になったら
寂しいと言わずに生きれる日々が
来るのでしょうか

日々が来るでしょうか

君のいない街で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君のいない街 歌手:Hysteric Blue

Hysteric Blueの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-06
商品番号:SRCL-5584
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP